« ブルベ(実走!パート1) | メイン | TREK 5200 OCLV »

2015年05月29日

ブルベ(実走!パート2)

赤城山の鳥居です。実はこの画像は、2週間ほど前にクルマで試走に行った時のものです。

DSC_0023.jpg

GWの終わりに、休みを取っての旅行も兼ね、全行程を回ってみよう、クルマだから早く着いたら自転車で峠の様子も見よう、という算段でしたが、クルマでも到着したのは夕方でした。

さて、若杉マネージャーに見送られてバラ園をスタート、USBライトも問題無く行き先を照らしてくれています。「LOW」X2灯の明るさで十分です。

相変わらず足切りギリギリタイムなので、あまり余裕はありません。
赤城山のPCです。タイムはそれほど遅れませんでしたが、ちょっと疲れてしまいました。

DSC_0027.JPG

もう周りは真っ暗です。これからからっ風街道と呼ばれる、アップダウンの続く峠道が続きます。

PCを出てからっ風街道にはいり10分も過ぎた頃でしょうか。
前から眩い光が尋常でないスピードで迫って来たかと思うとあっと言う間にすれ違いました。

東回りのトップの選手でした。

ここまで私たちが走って来た距離は150km。と言う事は東回りの選手は250km走っているはず…。

唖然としている暇もなく、アップダウンをこなしていきますが、ここはかなり疲れました。
ここで、ふくらはぎにイヤな兆候を感じました。足がつりそうです。

一緒に走っていた友達のライトのネジが緩んで調整する間に、
漢方薬を飲み、かなり冷えてきたので友達(療法士さんなのだ!)のアドバイスも受け
レッグウォーマー、アームウォーマー、ウインドブレーカも着込みました。これでおさまればよいのですが…。

足をいたわりつつ峠を越え、ようやく桐生の市街地へ入ってきました。
ゆるやかな下り基調の市街地、心配した足つりも無くなったのでトレインでペースを上げます。
途中、東回りのライダーと何人もすれ違います。ベルを鳴らし、手を振りエールを交換しながら走ります。

昼間は天気予報では26度、それに比べればひんやりとした夜の空気の中、車通りもほとんどなく快調に飛ばしました。

その甲斐あって次のPCでは足切りタイムからなんと1時間近くまで貯金を回復しました。

DSC_0036.JPG

ここからは、まだ真っ暗ですが目立ったアップダウンも無く、ガーミンのおかげでミスコースも無く進みました。

夜が明け、最後の大洗のPC、隣にデカデカと「海鮮丼」と書いてありますが横目で見つつ出発です。

途中までは田んぼの中の平坦路を進みますが、最後になって県境の茂木近辺の峠、最後の難関を越え、前日の10時半スタートから結局仮眠も取らず25時間、11時半過ぎに無事ゴールしました。

OLYMP_1.jpg

雨も降らず、風に悩まされる事もほとんどなく、自転車もナビもノントラブルで、出来すぎとも言えるコンディションでしたが、仲間と一緒に400kmを走りぬいた達成感がありました。

投稿者 とおる : 2015年05月29日 07:55

コメント

コメントしてください




保存しますか?