2018年02月09日

ジムニーのヘッドライト

ジムニーのシールドビームが切れたので交換する事にしました。

交換後 リフレクターに細かく段差が付いているせいか素通しガラスもそれほどは目立ちません
DSC_6355.JPG

上の2つが交換前のシールドビーム
下の箱入りが今回購入したIPFのマルチリフレクタータイプ
DSC_6349.JPG

コネクターは流用する事にしました。
DSC_6347.JPG

ハイとローの2つのリレーを取り付け
DSC_6351.JPG

十分過ぎるほど明るくなりました
DSC_6354.JPG

投稿者 とおる : 22:53 | コメント (0)

2018年01月15日

ドラム缶でDIY

[DIY]

ドラム缶をいただいて、収納?を作る事にしました。

穴を開けて
DSC_6166.JPG

裏にはキャスターを
DSC_6168.JPG

正面もこんな感じで穴を開けてスピーカー取り付け
DSC_6192.JPG

天板と棚を造り付け
DSC_6211.JPG

元のロゴも生かせて、いい感じに完成しました
DSC_6212.JPG

投稿者 とおる : 17:21 | コメント (0)

2017年10月21日

SR600北関東にチャレンジしました(3)

あっと言う間に当日になりました。

残念ながら天気は雨でした。

なんだかんだ準備に手間取り、
深夜0時にスタートのメールを送った直後、隣の電話ボックスで雨具を着たり荷物を仕分けたり、一時間近くはここでロスしてしまいました。

とにかくスタートです。
02s.jpg

スタート直後、最初の滝が原峠です。
はっきり言って今回ここが一番登り甲斐があった気がします。
無理すれば乗ったままイケましたが、ラストの数百メートルは降りて、歩きました(^^;)
03s.jpg

いろは坂の入り口のトイレには自動販売機が無かったので
明智平のドライブインでようやく暖かいコーンポタージュを飲む事が出来ました。
04s.jpg

PCの金精峠です。雨はまだ降り続いています。
最初の滝が原峠がキツ過ぎたので、それ程の斜度は感じませんが
あくまでも自分の脚に合わせたペース、雨天も影響して予定より遅れがちですが仕方ありません。
06s.jpg

尾瀬大橋。コンビニで園芸用の手袋を買い求めました。
08s.jpg

こんろく峠。手前の鳩待峠と境が分かりませんがここも険しい峠です。
09s.jpg

三国峠。もう真っ暗です。埃っぽいトンネルの中で電池交換など。
10s.jpg

この後、名前の付いた大きな峠はありませんでしたがとにかく次から次へと登っては下り、登っては下り…。

気が付けば越後湯沢でもう11時過ぎ、予定していた直江津まで0時、にはほど遠いペースとなっていました。

夜の12時を回り、今回はここでDNFする事を決断、ちょうど津南の駅前で無理をお願いして宿に泊めていただきました。写真は翌朝出発の際のものです。
14s.jpg

明けて次の日はおだやかな晴天、とりあえず直江津まで行きそこから輪行で帰る事にしました。
13s.jpg

本来ならPCでもある直江津港です。
12s.jpg

苦労をねぎらいつつ自転車を輪行バッグに詰めます。
16s.jpg

SR600北関東、初のチャレンジはこれにて終了となりました。
15s.jpg

さてこの話には続きがあります。

このチャレンジを決めた直後、Facebookで偶然にも同じチャレンジをされる方と知り合いになり、
「よろしかったらコマ図をお使いになりますか?」と伺ったところ使って下さるとのお返事、
私がリタイアした直後にスタートしたその方は、やはり途中の雨に悩まされつつ見事時間内完走を果たしました!

そう、私自身はDNFでしたが、「コマ図」は無事?完走を果たしたのです。
その方によると、「3~4箇所修正すべき点があったが問題は無かった」とのこと。

前回書いた、コマ図の注意点、というのはそういう事なのです。

もし可能であれば、誰か、是非またこのコマ図を使って、SR600にチャレンジしていただきたいと思います!

そして、もちろん私自身も、またチャレンジしたいと思っています!


投稿者 とおる : 22:40 | コメント (0)

2017年10月20日

SR600北関東にチャレンジしました(2)

前回のきたかん400と違い、主催者側でのコマ図の用意はありません。

しかしキューシートでは自分は技量不足なので、今回はコマ図を作成することにしました。

ルートラボの地図を読み込み、グーグルマップで当該地域と照らし合わせ、ストリートビューで確認し、目印になりそうなものを探して記入していきます。

かなりの時間がかかりましたが、何とか満足の行くものが出来ました。
さらにチェックポイントの詳細データも取り込んで一緒に印刷し、
とにかくこのコマ図だけで見間違える事なく完結出来るように考えました。
23s.jpg


A4の5枚綴りになります。
もし、お使いになりたい方は使っていただいて全然結構です。
ただし、後述の理由で100%完全なものではありませんので
その点御理解下さい。

「使ったヨ!」コメント、期待しています。
また、修正点を御連絡頂ければ、さらにありがたいです。
クリックして大きな画像を右クリック→保存が良いかと思います。


1/5
komazu01a.jpg

2/5
komazu02.jpg

3/5
komazu03.jpg

4/5
komazu04.jpg

5/5
komazu05a.jpg


色々と準備をしましたがあっと言う間に出走日が近付いて来ました。

天気予報では残念ながら雨のようです。


-その3に続く-

投稿者 とおる : 22:07 | コメント (0)

SR600北関東にチャレンジしました(1)

SR600北関東

距離600km 獲得標高12500mの指定されたコースを
制限時間60時間以内に走破すればシュペルランドヌールとして認定されます。
※連続した複数日かつ一日最低75km(47マイル)以上を
  (最長8日)走って完走認定のツーリスト部門もあります。

SR600Map.jpg

土日メインのお仕事なので、自分でスケジュールを決められるSR600は
私にとってはエントリーしやすい?ブルベなのです。

ただ、今回はスタートが10月16日と、ずいぶん日程が遅れてしまいました。
SR600は通常のブルベのようにスポーツエントリー経由ではなく
AJ宇都宮に直接メールで申し込みますが、
さすがに断られる事はありませんでしたが、「気温が低くなるので来春にしたらどうか」
とアドバイスをいただきました。

今回は初回という事もあり、気象条件は承知の上で半分は下見のつもりでエントリーしてみました。

フレームバッジとブルベカードが送られてきました。
01s.jpg


前のブルベから3年以上経ちますが、基本装備はほぼ踏襲しています。
20s.jpg

18s.jpg


ウェアの方は、寒さに耐えるようパールイズミのウインドブレークジャケットetc
24s.jpg


レインウェアはワークマンでストレッチタイプのものを調達
21s.jpg


レインウェアその他着替えはオルトリーブのシートポストバッグの上部にスタッフバッグで縛りつけます。
600km・ソロツーリングと言う事でスペアタイヤも持つことにしました。
17s.jpg


-その2に続く-

投稿者 とおる : 21:10 | コメント (0)