« TREK 7.3FX アルミ5ピン | メイン | TREK 7.3FX ドロップハンドル化 その5 »

2012年08月29日

どこかで見たような傘立て

いわゆる「フラットバー」を使って工作します。

こんな工具(右)を作りフラットバー(左)を曲げます
P1010443.jpg

上の部分で挟み、グイッとひねれば割と簡単に曲がります
P1010445.jpg

丸めたり、曲げたりして部品を作ります
P1010433.jpg

部品を溶接して組み上げます
P1010437.jpg

出来上がりです。後は色を塗るだけ~。
P1010440.jpg

投稿者 とおる : 2012年08月29日 23:03

コメント

すごい。
溶接ができると、何でも作れるんですね。
まあ傘立ては市販の物を買えばいいと思うけど、市販品では手に入らないものとか、オリジナルの工具を作ってしまえるという特技が発揮できますね。

投稿者 トンサン : 2012年08月30日 06:25

> トンサン

そう傘立てのために溶接機は大げさですけど(笑)
ここのサイズにピッタリのものが欲しいなあ、とか売っているものは高いとか(^^;)
そんな時に自分で作れるというのは強みですね!

まぁカミサンにはその利点がいまひとつ理解できないようですが(^^;)

投稿者 とおる : 2012年08月31日 13:21

木工も楽しいですけど鉄工もできたら楽しそうですね。
重厚感あるオリジナル傘立て、なかなかイイな。
丈夫で個性的な自転車パーツも自作できそう。(^_^)

投稿者 dawa3 : 2012年09月02日 10:42

> dawaさん

お褒めいただきありがとうございます(^_^)

本当はステンレスやアルミの溶接が出来れば自転車パーツも作りたいんですけどね!

投稿者 とおる : 2012年09月04日 20:36

コメントしてください




保存しますか?